気持ちは変わる

二人の間に子どもがいる場合、離婚するときに親権や養育費、面会についてなど、子どもについての約束を決める必要があります。
夫婦間の仲が良い場合は口頭で約束を行うこともありますが、私は文書として残しておくことを推奨しています。
私は、人間の気持ちなんて時が経てば変わってしまうものだと思っています。
なぜなら、ラブラブだった夫婦であっても、たった今別れようとしているのですから。

会話だけで約束を決めてしまうと、後から「そんなコト言った?」などの意見の食い違いが起こる可能性もあります。
離婚協議書等に記しておけば、書面として証拠を残すことが出来るので「ほら、言ってたじゃない」と証明することができます。

離婚協議書は養育費や慰謝料などの金銭的問題と、親権や面接交渉権などの権利についてなど、色々なことを記入することが出来ます。
この協議書は二人で話し合って作り上げます。証拠書類として保存されるので、必ず納得の済むまでとことん話し合いを行って下さい。

離婚協議書の作成は、二人での話し合いが一番良いと思いますが、話しもしたくない場合は、二人の意見を伝えてくれる代理人を使って、意見の交換を行うことも可能です。
その際は、必ず正しいニュアンスで相手に伝わっているか確認する様にしましょう。
代理人は心の知れた人でも良いですが、知り合いの場合、言いにくかったり感情に流されることもあるので、プロに任せる方が安心です。






おすすめ記事

最後ぐらいは

初めは惹かれ合って結婚した二人なのですから最後ぐらいはしっかり話し合い離婚したいものです。少し時間を置いてお互い冷静になり離婚協議書を作るほうがいいのかも知れません。

法律上

ちょっと世知辛いものを感じたりもしてしまいますけど、やっぱり結婚も離婚も法律上のこと。離婚協議書をちゃんと作っておけば、後々の余計なトラブルを回避することがdけいます。

What's New

2013/02/05
新着情報2を更新。
2012/11/08
新着情報を更新。
2012/01/27
会えるか会えないかを更新。
2012/01/27
養育費を更新。
2012/01/27
どっちと住む?を更新。
2012/01/27
別れてから出産を更新。
2012/01/27
離婚協議書ライターを更新。
2012/01/27
ホームページリニューアル